過去問題(一式問題)の取り組み

過去問題(一式問題)とは、例えば、平成25年度の問題4科目100問のことです。

テキストの学習ばかりを行なっていると、
実際にどのような問題がどのように出題されているのかがわかりません。
まだ早いと思っている方も、一度過去問題に取り組んでみることをお勧めします。

「まだできない。」 「いい点取れない。」

それはそうかもしれません。
では、どの程度できないのか、どの部分ができないのか、
把握していますでしょうか?

それを知るだけでも、過去問題に取り組む意味があると言えます。
自分の弱点がわかれば、そこを重点的に行なっていけばいいのです。

また、過去問題に取り組むことも学習の1つと言えます。
問題を解く、できないところや間違ったところは解説を見て理解する。
この積み重ねで、できる問題が1つずつ増えていきます。

もう1つアドバイス

過去問題集を購入すると、新しい年代の問題から順番に掲載されているかもしれませんが、
取り組むのは、古いものから行なってください。
これは問題の傾向を掴むためです。


苦手な科目を克服する。
今なら十分な時間があります。

頑張ってください!





kanna 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さいたん学科クラブ

Author:さいたん学科クラブ
学科試験を独学で挑戦する人達が集まったクラブです。
最端製図が運営とサポートをしています。 
現在部員募集中!!
http://gakkaclub.com/

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示