基本テキストと問題集 どう取り組むか

学科試験の勉強をするには、主に参考書と問題集がありますが、
どちらを先に行なうか。

そうですね、参考書です。

でも、

参考書10 → 問題集10 

ではなく

参考書4 → 問題集2 → 参考書3 → 問題集3 → 参考書2 → 問題集4 ・・・

こんな感じで交互に行ない、最後の方は問題集がメイン
という具合に進めていくといいと思います。

はじめから参考書のみをがっつり行なおうとすると
すぐにしんどくなります。

問題を解きながら、間違えたところや詳しく知りたいところを参考書で確認する。

このように進めていくと、問題の傾向がわかりますし
時間も効率よく使えます。


参考書は、
分厚くて詳しいものほど、
たくさんの知識を得ることができますが、
その分、
試験にはあまり出ない部分まで網羅されていると言えます。
ここに、時間を取られないように注意してください。

まずは、
試験に出題されそうなところから攻める。

つまり、
過去によく出題されている問題です。





kanna 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さいたん学科クラブ

Author:さいたん学科クラブ
学科試験を独学で挑戦する人達が集まったクラブです。
最端製図が運営とサポートをしています。 
現在部員募集中!!
http://gakkaclub.com/

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示