02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

関連法規

2016.05.20 (Fri)

法規の問題で、最後に出てくる項目です。
消防法や宅建業法、建築業法、都市計画法などの建築に関連する法規から出題されます。

この問題、
ちょっと厄介なのが、調べる範囲が広い上に、
試験対策にあまり時間を使わないところなので、
解くのに時間がかかります。

しかも、数年前に比べて、出題数が増えています。
3問くらいあります。

本試験においては、ここであまり時間を使わないように気を付けて下さい。
関連法規では点が取れなくても、
他の部分(取るべきところ)で必要な点数を取れるようにしておきたいです。

1問につき10分くらい平気でかかってしまいます。
注意が必要です。



kanna 
スポンサーサイト
16:06  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

問題です。

2014.02.01 (Sat)

次の建物の中で、特殊建築物ではないものはどれでしょうか?

1、戸建住宅
2、事務所
3、神社
4、仏閣
5、市役所

14:57  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

きまぐれ法規講座

2013.02.28 (Thu)

内装制限

平成18年以降、毎年出題されている内装制限です。
今年も出題されそうですね。

よく使うページはここ、
施行令128条の4 
インデックス貼ってますかー?

基準法第35条の2に、内装制限を受ける建築物の規定があります。
その中に、政令で定めるものを除き、という文言があるのです。

というわけで、施行令128条の4 を見るわけですが
施行令128条の4 には、(制限を受けない特殊建築物)

ありました。ありました。ここを見れば、内装を受けない建築物がわかるのですね、

でも、よく読んでみると、

法第35条の2の規定により政令で定める特殊建築物は、次に掲げるもの以外のものとする。

内装を受けないものは、ここに書いてあるもの以外??

つまり、ここに書いてある建築物は制限を受けるってこと!?

なんで初めっから制限を受ける建築物って書かんのじゃ?

っていう気持ちは、胸の中にしまっておいて、

施行令128条の4には、制限を受ける建築物が書かれてあるって、素直に思って下さい。(^^)




kanna 
11:32  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

建築関係法令集 青本がでました。

2013.01.30 (Wed)

___20130130121023.jpg


これでほぼ全てが出そろいました。

もう、購入しましたか?


えっ、勉強は4月から?

それもいいですが、

さぁやろう! って思った時ほど

できない状況に追いやられたりします。(仕事が忙しくなるなど)

できる時に、やれることをやっておいた方がいいです。


忙しくて勉強できなかった。

こういう人は多いですが

本当の問題点は

忙しかったことではないように思いますよ。




kanna 
12:19  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二級建築士試験 学科講座 法規「建築士法」

2011.05.31 (Tue)

○×問題です。

建築士でなくても、設計事務所の開設者となる事ができる。

二級建築士は、RC造4階建て延べ面積1,000㎡の建築工事の指導監督の業務を
行う事ができる。

二級建築士は、二級建築士試験を受験する事ができる。





五枝択一式問題です。


建築士の業務に関する次の記述のうち、建築士法上、正しいものはどれか。

1. 建築士は、建築物の工事監理を行う場合において、工事が設計図書のとおりに
  実施されていないと認めるときは、直ちに、建築主事又は指定確認検査機関に
  報告しなければならない。

2. 建築士は、大規模の建築物の建築設備に係る工事監理を行う場合において、建築設備士の
  意見を聴いたときは、設計図書にその旨を明らかにしなければならない。

3. 二級建築士は、他の二級建築士の設計した設計図書について、いかなる場合も、
  変更することはできない。

4. 二級建築士は、鉄筋コンクリート造3階建、延べ面積350m2、高さ12m、軒の高さ9mの
  物品販売業を営む店舗の新築に係る設計をすることができる。

5. 二級建築士は、一級建築士でなければ設計又は工事監理をしてはならない建築物について、
  建築工事の指導監督の業務を行うことができる。
12:03  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

二級建築士試験 学科講座 法規「防火・準防火地域」

2011.05.30 (Mon)

○○しなければならないものはどれか、
○○しなくてもよいものはどれか、

問題を解いていると、時々頭の中で反対になっている、
もしくは、どっちかわからなくなっている事があります。

正しいものを見つける問題なのに、
一番初めに誤った記述が出てきたから、答えを1番にしてしまう事
ありませんか?

問題文を確認し、○○しなくてもよいものはどれか、
この部分にアンダーラインを引いて下さい。

それから、
選択肢の横に、

1、  ○ (正しい事を言っている場合)
2、  ○
3、  ○
4、  × (誤った事を言っている場合)
5、  ○

と書くようにします。
そうすれば間違える事はありません。






今日の問題です。

次の建築物のうち、建築基準法上、耐火建築物以外の建築物とすることができるものは
どれか。ただし、地階はないものとし、防火地域及び準防火地域以外の地域、地区等は
考慮しないものとする。

1. 防火地域内の2階建、延べ面積120㎡の住宅

2. 防火地域内の3階建、延べ面積80㎡の事務所

3. 準防火地域内の2階建、延べ面積300㎡(客席の床面積200㎡)の集会場

4. 準防火地域内の3階建、延べ面積300㎡の共同住宅

5. 準防火地域内の4階建、延べ面積200㎡の事務所
11:51  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二級建築士試験 学科講座 法規「高さ制限」

2011.04.27 (Wed)

高さ制限に関する講義ノートです。
サンプルとしてご覧いただく事ができます。

http://gakkaclub.com/sample/221sample.pdf


たくさんの問題が掲載されていますが
1通り行えば、この高さ制限の項目に関してはマスターできると思います。

毎年出題される問題です。

学科の試験対策は、
こんな感じで1点ずつ獲得できるようになっていって下さい。


出題されるのがわかっていて、
正解できないのはもったいないですよね。




kannaでした。 
11:43  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二級建築士試験 学科講座 法規「容積率」

2011.04.20 (Wed)

容積

っていうと、一般的に、中にどれだけ入るか
その体積を意味しますが、

建築ではちょっと違います。
階高が倍の高さになっても、容積率は変わりません。

何か変な感じがしますが、
建築基準法ではそうなっています。



今日の問題です。


図のような専用住宅を建築する場合、建築基準法上、容積率の算定の基礎となる延べ面積は、
次のうちどれか。ただし、自動車車庫等の用途に供する部分はないものとする。

1. 270㎡
2. 235㎡
3. 200㎡
4. 180㎡
5. 165㎡
2005-218.jpg
13:27  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二級建築士試験 学科講座 法規「建ぺい率」

2011.04.05 (Tue)

法規の問題は、基本的に調べて解く事が多いですが、
この建ぺい率の問題は、慣れてくると調べなくても解けるようになってきます。
時間をかせぐためには有効な手段ですが、
確認は絶対に行うようにして下さい。

油断大敵 という言葉がありますよね。



今日の問題です。



図のような敷地において、建築基準法上、新築することができる事務所の建築面積の
最高限度は、次のうちどれか。ただし、図に記載されているものを除き、地域、地区等
及び特定行政庁の指定等はないものとする。

1. 174 m2
2. 180 m2
3. 214 m2
4. 232 m2
5. 240 m2


2004-217.jpg
20:13  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二級建築士試験 学科講座 法規「用途地域」

2011.03.29 (Tue)

教会、神社、派出所、保育所、公衆浴場、診療所

どの用途地域でも建築できるものです。

住宅は?

建築できない用途地域が1つだけあるんですよね。

さて、どこでしょう。






今日の問題です。

2階建、延べ面積300m2の次の建築物のうち、建築基準法上、新築してはならない
ものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は受けないものとし、用途地域以外の地域、
地区等は考慮しないものとする。

1. 工業地域内の図書館
2. 第一種住居地域内の保健所
3. 第一種中高層住居専用地域内の宅地建物取引業を営む店舗
4. 第二種低層住居専用地域内の学習塾
5. 第一種低層住居専用地域内の地方公共団体の支所


15:16  |  二級建築士 学科Ⅱ法規  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT